過保護です

お店のテラスの真ん中にあるドラセナという植物ですが、オープン時に植え込んでもらった1代目、残念ながら昨年の猛暑にやられ、枯れてしまいました(。-_-。)
春になったら植えかえるわねと言ってくれていた従姉妹。
春からずっとずっ〜と探してくれていたのですが、今年はどこもドラセナが不作らしく、市場に出回ってこない…..

で、色々と他の植物を提案してくれたのですが、シェフが頑として首を縦に振らず…..
「うちのイメージが変わるような植物は絶対ヤダ」
と(~_~;)

ようやく1本大きさの合うドラセナが見つかったぁと連絡をもらったのは数ヶ月たってからの事でした(。-_-。)

粘りに粘って見つけてきてもらった2代目、絶対枯らすまじ‼とのシェフの強い思いの表れか…..
お客様がいらっしゃらない時間帯、パラソルをさして日よけを。しかも時間で太陽光が変わるので、それに合わせてパラソルをこまめにこまめに移動させるという徹底ぶりf^_^;)

そういえば、気にいったものは徹底的にお世話をする傾向は昔からあったような。
過去私が入院中の時などもシェフの手にかかると3日で幼き子ども達も肥えていましたっけ(⌒-⌒; )

愛情深い人です…..⁈

20130808-200506.jpg